冬の強制労働?

こんにちは
たなか床屋店長のYOUSUKEです

昨日から降り始めた雪は夜の内に深々と積り
それは今日の早朝からの強制労働を意味していました

ついにはじまりました
「雪かき」

まあ今日はそんなに量はないですし、なにしろそこまで重くない雪でしたので
結構早く終わりました

雪を捨てる場所もまだまだたくさんあるので
選び放題捨て放題
しかしこれがシーズンを深めるにつれ雪を捨てるスペースがなくなってきて
最後には家の裏までもっていかなくてはいけないのです

さらに少し濡れ雪だったりすると重くて一度に運べる量が限られ
めちゃくちゃ効率悪くなります
そんな時はやる気ガタ落ち

いくら軽い雪でも玄関開けたらひざ丈まであるような積雪の時は
しばらく呆然と立ち尽くしてから
やる気がガタ落ち

雪国ならではの「雪かき」あるあるではないかと

そんあ雪かきのさいの私の戦闘服はズバリ
スノーボードのウエアです

これだと起きぬけの体を寒さから守ってくれますし
動き始めれば熱いくらいに保温してくれます

いくら寒いからといって初めに厚着はできません

今朝も下はユニクロヒートテックのタイツでした
下手にズボンはくと動き辛さもでてきます

上はさすがにフリース来てましたが
今日よりもうちょっと雪が多い日なんかは
労働量も増えるのであえて中はTシャツ一枚とかで行くくらいが
あとあとちょうど良くなってきます

昨日も書いた通り昨年はスノーボードには一回もいけてませんが
ウエアだけは毎日のように稼働していました

日中は雪かきの努力を踏みにじるかのような晴れ間も出たりしてましたが
夜にかけてまた雪が降り始めてます

はたして明日の朝も強制労働が…

いや、ここはひとつ冬の運動不足の解消の手段として雪かきを利用せねば

雪かきは
強制労働改め、朝練ですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする