DO-Sシャントリが超絶おすすめな理由 後編

こんにちは
たなか床屋店長のYOUSUKEです

もうずっとDO-Sシャントリのことしか書いてませんが
どうぞ最期までお付き合い下さい

さてすっかりDO-Sシャントリにハマっている私
今まで以上にコレはお客様にも使ってもらって
この感覚を分かち合いたい、そう思わせてくれる
DO-Sシャントリ

DO-Sシャントリ 500ml - 5

シリコンは決して悪くないんだ

このシャントリが目指すのは「素髪」

素の髪の毛、すっぴんの髪の毛です

一般的に手触りすべすべサラサラシャントリは
シリコンなどのコーティング剤で皮膜ができていて
それによって手触り艶をだしています

シリコン自体は消して悪者ではない

むしろシリコンによる皮膜が必要なケースもある

けど一般的に言えばシリコンはいらないと思うのです

最近ノンシリコンとかいう謳い文句の製品が多く出てきていますが
へたするとシリコンより強力な皮膜を形成してくれるものが配合されているので
実は厄介だったりする

で話はもどってシリコンでコーティングされた髪を
今流行のお肌にやさしいアミノ酸系合成界面活性剤でシャンプーするとどうなるか

頭皮に対して優しいけど洗浄力は弱い
のでシリコンを完全に取りきれなかったりします

そして取り切れていない髪の上にまたシリコン

これを毎日続ければシリコンの強力な保護膜が完成

そしてヘアサロンでの弊害

いざヘアサロンへ行きカラーしたいパーマしたいとなったとき
そのシリコンがあるため薬剤が髪の毛に対して働きにくい
じゃあしっかり効くように強めの薬使おう、長めに時間おこう

でもって結局髪の毛に余計なダメージを与える結果に

更にヘアカラーやパーマで使用した薬剤は
髪の毛の中にどうしても残っちゃうという悲しい現実があります
それが全部洗い流しきらないうちに再びホームケアでシリコン保護膜

もう想像付きますよね

髪の毛の中にそれらの薬剤を閉じ込めてしまうことになり
そして再びダメージが加算されます

洗顔で例えると解り易いかも

長々と書いてしまい、さらにシリコンだの界面活性剤だの
ややこしくなてしまいましたが

例えて言うなれば

洗顔

一日の終わりお風呂とかで洗顔しますよね
そして化粧水をつけて保湿を図ると思いますが
この化粧水がDO-Sトリートメント

シリコントリートメント場合は洗顔後に再び化粧するようなものです

アミノ酸系の洗浄力が弱いシャンプー
そしてシリコントリートメンとするというのは
化粧をしっかり落としきれずに再び化粧するような物

女性ならそれがいかに恐ろしいことなのかが解るかと思います

DO-Sシャントリは
シャンプーでしっかりと汚れを落とします
頭皮の汚れはもちろん今まで使ってきたシリコンの皮膜もスッキリサッパリと

トリートメントは化粧水を染みこませるようなかんじ
しっかりと染み込ませても決して重くなりません
むしろサラサラ軽い髪へとなります

もうおすすめしないわけにはいかない

自分の髪にも使っていますので其の素晴らしさは直に感じていますし
お客様に実際に使ってみていてもぜんぜん違う髪になるのが解ります

パサパサ気味の髪のひとはしっとりと
ダメージがある人でもさらさらに

セットもすごくやりやすくなっています

こんなにいいシャンプー
おすすめしない訳にはいかないのです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする