ガンプラ好きのお父さんが息子に買ってあげるべき三輪車の決定版 前編

こんにちは
たなか床屋店長のYOUSUKEです

私はガンダムが好きです

ガンプラ乗せ

理由なんていらない

1stと呼ばれている「機動戦士ガンダム」が放送されたのは1979年
私が生まれたのも1979年
初めは放送打ち切りなどの試練を乗り越えながら再放送で火がつき
その後数々の名作を世に送り出してきたガンダム
私とガンダム、そしてCHAGE and ASKAは同じ時を過ごしてきたわけで
そんな私がガンダムをすきになるのは理由などいらないのです

宇宙世紀が好きだとか平成ガンダムが好きだとか種厨だとか
どうでもいい
とにかくガンダム全般が好きです
ヒゲが生えていようとも好きです
むしろヒゲは名作

きっかけなんて無い

そしてガンダム好きということはごくごく自然な流れでガンプラ好きになっていくのです
いつごろからとか明確な時期もなければ明確なきっかけもない

ただただ自然にガンプラも好きになる

ガンプラ好きの子供たちは成長するが
今でもガンプラが好きな大人というのも結構いるのです
大人になった今だからこそチャレンジしたいPG(パーフェクトグレード)なんかもあるわけですし
ガンプラ好きに卒業なんてないのです

ガンプラ好きのパパへ送る

そんなガンダムが好きでガンプラが好きな私が
愛しいお子さんをお持ちのガンダムが好きでガンプラが好きお父さんへ捧ぐのが
この商品

三輪車 箱イメージ

三輪車です

後ろにハンドルの操作を可能にしたコントロールバーを搭載
さらに後方のバッグにはペットボトルが4本も入ってしまう

買い物に行く時にも活躍してしまいそうなすごい三輪車

これ、長男の誕生日プレゼントということで
ば〜ばに買ってもらいました
(長男は12月生まれ)

半年越のプレゼントです
こうなった理由は三輪車に興味持ってくれるかが怖かったので保留していたのでしたが
それは杞憂に終わります
近所の子から借りた三輪車に夢中

よってこの度正式採用となった訳ですがそれはおいといて

なにゆえコレをガンプラ好きお父さんへすすめるのか

まずは開封の儀
箱はこんな感じ

三輪車 箱2

意外と小さい

そして中身を出すとこんな感じ

三輪車 パーツ

私は購入前からこの状態なのを知っていましたが知らないで購入したらしばらく固まる光景
知っていた私も頭の中に流れたのは「ディ◯ゴス◯ィー◯」というフレーズ

そして沸き起こる得体のしれない熱い思い
それはかつて抱いたことのある懐かしい高揚感

自分で組み立てなくてはならないという不親切使用とも取れてしまう状態ですが
むしろ私にとってはこんなに嬉しいことはない
僕にはまだ作れるチャンスがあるんだ

そして早速作成にかかる私

続く

買ってもらった商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする