人はこうやってコーヒーにはまっていく

こんにちは
たなか床屋店長のYOSUKEです

先日行ってきたコーヒー屋「珈琲島」

そこでつい買ってしまったドリッパー

ドリッパー

だって500円とかするやつが250円になっていたんだもん
家にあると思っていたドリッパーがなくて
せっかくフィルター買ったのに使えずじまいでいたから
丁度買おうとも思っていたから
「つい」ではあるけど買わないといけなかったものだから

しかし問題発生
このドリッパーにせっかく買った使えずじまいのフィルターが合わない

このドリッパーに合うのはこれ

ドリッパーが円錐状なのでフィルターも円錐状ではなくてはならない
前買ったのは扇状なのであわないのです

仕様がないので円錐状にむりやり折って使ってましたが
ホームセンターへ別口で買い物に言った際に
専用のフィルターを見つけたので買ってきました

やっぱりぴったりサイズでいちいち折る作業ないので快適

ドリッパーとフィルター

ドリッパーを買い、フィルターも専用のを買い
豆はスーパーで買ってきたや〜つではありますが
インスタントとは違うおいしいコーヒーが飲めるようになりました

人間というのは欲望の塊で出来ているのでしょうね
私の心はさらなる快適を求めてやまないのです

快適ついでに欲しくなっていたのがコレ

今ドリッパーへとお湯を注ぐのに使っているのは100均で買ってきた計量カップ
しかしながら水の量を図るための物であった注ぐものではないからちょっと注ぎにくい

できないことはないのでコレは贅沢という物です

けどはじめにコーヒー豆を蒸らすのにちょびっとだけお湯を注ぐのとか
超快適にできそう

いいな〜

ただコレを買ってしまうと
確実にコーヒー沼へと足を突っ込んでしまうのは確実
しかもいきなり結構沼の深いところ

コーヒー沼とは
どんどんとコーヒーを入れる道具を買っていってしまい
気がつけば一式揃ってしまい更にいいものを買っていってしまうという状態になる
恐ろしい沼

しかしドリッパーを買った時点で私はすでに沼へと片足突っ込んでます

そして次は豆を買って来る
そしたらコレが家にやってくる

奥さん曰く
豆を買ったならそれを保存しておく保存缶も必要とのこと
つまり同時にコレも家の中に存在するようになる

こういうの

沼に両足突っ込んだ状態ですね

膝まではまると先に紹介した「ドリップポット」
いろんな豆を買い揃え始めるとそれは腰までつかった証拠

そして究極は首までハマるとコレでしょう
サイフォン

もう抜け出ることかなわず

もはやコーヒーショップ始めそうな勢いになっていることでしょうね

ただやっぱり家でマンデリンとか飲めたら最高だろうな〜と思うのです
膝くらいまでならハマってみたいものです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする