この前録画した映画「ゴールデンスランバー」が久々の良い映画だった件

こんにちは
たなか床屋店長のYOUSUKEです

先日録画しつつも他の映画やドラマのように外付けHDDの肥やしとなっていた
映画「ゴールデンスランバー」を見たんだけれど
これがまた久々に出会えた良映画だった

あらすじ

首相公選制が存在する現代。仙台市では金田首相の凱旋パレードが盛大に行われていた。それと時を同じくして、青柳雅春は、数年ぶりに旧友の森田森吾と再会していた。森田の様子がおかしいことを訝しむ青柳に、森田は恐るべきことを告げる。あまりにも巨大すぎる陰謀から、青柳は友達の力を借りて逃亡を始めるが…

引用 Wikipedia ゴールデンスランバー

原作は同名タイトル
伊坂幸太郎著「ゴールデンスランバー」

原作は読んだことありませんでした
映画館で放映当時舞台が仙台市ということで気になっていた映画です

ストーリーはよくある濡れ衣を着せられた無実の人が国家権力から逃げるというものだけれども
映画の導入部分からなかなかいい感じの入り方

そしてどうやって逃げるかというのもうまく交友関係の絆を生かした逃げ方

もっとも重要なラストもよく韓国ドラマで見られるような
記憶がなくなるまで飲んだ次の日並の胃の気持ち悪さに似た消化不良感は無く
しっかりと伏線を拾い上げスッキリとした終わり方

個人的には超ツボにハマった映画となりました
コレは原作本買うな〜
明日、明後日の定休日明けには家にあるな〜

まだ映画見たことない人
最近韓国ドラマにはまりつつもラストの尻つぼみ感に悪意すら感じ得なかった人
ぜひとも見ていただきたいオススメの映画です

尚、コレは個人的な感想なため実際見たけどそれほどでもなかったよ
レンタルDVD代返せコノヤローとかいう苦情は一切受け付けません

ラーメンと同じで個人の趣向というものがありますので
モノは試しの感覚でどうぞ

でもやっぱり、オススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする