Happy birthday my son

こんにちは
たなか床屋店長のYOUSUKEです

今日は我が家の天使であり怪獣の息子の誕生日です
そう、どういうわけかクリスマスに生まれました

今日の朝方何時になくずいぶんとグズってて
起きてからも泣くほど

しょうがないのでクリスマスプレゼントだよ~と
買っておいた冬用の上着をみせたところ
泣き止む息子

まさか、プレゼントっが枕元にないことに絶望して泣いていた…
なんてことはないですよね

我が家では昨日のイブよりも今日のほうが本番という感じになりそうです

今日の朝御飯

ケンタじゃなくてモスチキン
ケンタじゃなくてモスチキン Photo by Zephyranthes001

残り物とはいえ朝からモスチキンとは
今日の本番っぷりを物語っています

今日の昼のおやつ

奥さんが職場の人からもらってきた息子の誕生ケーキ

ケーキ第二弾
ケーキ第二弾 Photo by Zephyranthes001

ここにも本気を垣間見る

昨日の夜にはクリスマスケーキ
今夜は誕生日ケーキとケーキが続くのにもかかわらず

お昼のおやつにまでケーキ
しかも昨日の残り物ではなく、昨日とはまた違った味の
レアチーズケーキ

今日が本番だという半端ない気持ちが
ここに現れているのがわかるでしょうか?

まあ貰い物なんですけどね

今日の夜

誕生日のお祝いという意味でちらし寿司をつくることに

ちらし寿司
ちらし寿司 Photo by Zephyranthes001

タマゴとノリの投下の順番間違えました

本気ゆえの空回りです

そしてその後息子の誕生ケーキ

1000000461.JPG
1000000461.JPG Photo by Zephyranthes001

でた本番のケーキ
昨日クリスマスっぽいケーキだったので
誕生日ケーキとはいいつつも
アップルパイというチョイス

確実に味を変えてきてるあたりに
もうケーキを食べるのに一切の迷いがない
この本気の度合いを感じていただけるのではないかと思います

味を変えようが息子はまだケーキ食べれません
なのでイチゴとバナナの特別追加メニューをケーキがわりに

1000000463.JPG
1000000463.JPG Photo by Zephyranthes001

当の本人が食べれないのにもかかわらず連チャンでケーキを食べるの

それこそが今日が本番だという証です

ケーキを食べて気持ち悪くなる前に
習慣に従って子供に一升餅を背負わせてみました

結構重いもちをつけながらも立つ我が息子
結構重いもちを付けながらも少し(1~2歩)歩く息子

歩いちゃうのはまずいってことでその時はわざと転ばせるとかいってましたけど
まだ歩けないので自然と潰れてくれます

こんな感じで息子の始めての誕生日を迎えることができました
きっとこれから私の中で12月25日が「クリスマス」というよりも「息子の誕生日」という感覚のほうが強くなっていくんでしょうかね

たぶん、そうなりそうです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする