マクドナルドのコーク・グラスをコンプリートして悟った事

こんにちは
たなか床屋店長のYOSUKEです

先週頑張ってマクドナルドLLセットを食べました
6色あるコーク・グラスをすべて集めるべくして
頑張って昼夜つづけて合計5セットも食べて
でも3色しか揃わなくて
6色とか無理なんじゃね?と諦めたりして
その後6色中3色しかもらえないという残酷すぎる真実を知って
それが6月上旬からということでそれならば再びLLセット、チャレンジできると再起を誓って
けど友人から「もうもらえるよ」というメールをもらって
早速残りの3色をもらうべくマクドナルドへと向かったのは昨日の夜のこと

そしてそれらの努力がもたらしたもの

コーク・グラス6色コンプリート

まず今回のコーク・グラス3色

コークグラスコンプリート

上部の蓋の色がグラスの色となっているので
もらった段階の確認で3色バラバラで揃えてくれたマクドナルド店員に感謝

かぶってたら確実に一言物申していた

かもしれない

中身を出した

コークグラスコンプリート

右からクリア、クリアブルー、クリアピンク
何気にクリアがいい感じに綺麗
もちろん奥さんとの争奪戦の結果、クリアは私が頂いた

そして勢ぞろいしたコーク・グラス

コークグラスコンプリート

壮観である

ついでにかぶったやつとワールドカップの時にゲットしたコーク・グラスも並べてみたが

コークグラス 全並べ

絶景かな絶景かな

いい感じの達成感を感じながらもふとある違和感に気がつく

グラスこんなにいらなくね?

物を集める行為「コレクション」というのは
集める過程が楽しくて集まったという結果が大事で
集めたその後というのはあまり考えてはいけない

だからたとえ集めるという行為が「無駄」というものであっても
その無駄が楽しいからいいのだ

ということにしておいて
今日もコーク・グラスにコカ・コーラを注ぐ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする