ワシントンDC日本大使館公使公邸にて料理長をしていたシェフの料理を食べてきた

こんにちは
たなか床屋店長のYOUSUKEです

先日のお休みに酒田へと用事があったのでその際のお昼ごはんとして
久々に夫婦水入らずでいってきました

個人的には平牧三元豚のトンカツが食える「とん八」がよかったのですが
奥さんのたっての希望という名の強制力が働き有無をいわさずに行くことになったのは
コチラ

シェディーオーク

シェディーオーク

酒田市は警察署の近くにあるパッと見は喫茶店的な佇まい

いざ入店

席へと案内されたら早速何にしようかとメニュー表をチェック

シェディーオーク

せっかくランチで来てるのでランチメニューを
お互い第一印象から決めていた「カップルコース」を注文することに

とん八は高いからやめたはずなのに同じかソレ以上の値段な気がしますが
そこは気がつかないふりで

まずはシェフのおまかせの1品

野菜のトマトスープっぽいです
シェディーオーク

野菜が美味い
大根も美味しい、さつまいもも美味しい、じゃがいもも美味しい
野菜ってこんなに美味しいんだと改めて気づかせてくれるスープです

続いて旬の野菜のドリア

シェディーオーク

単品メニューの中から1品選べるとのことですが
これまたお互いに食べたいものが一緒だったこのドリア

コレもまたいい
ホワイトソースも重すぎず野菜の味を引き立たせてます
肉は入っていなくても十分食べ応えがあります

デザートは焼きリンゴのタルト

シェディーオーク

これまでのスープ、ドリアですでに満足していましたが
このデザートの登場でさらにテンションが天井を突き抜けていきました

凄まじく美味しすぎる焼きリンゴでした

もう一度コレを食べるという目的だけでもいってみたい
と思わせてくれるほどでした

ドリンクはアッサムティー

シェディーオーク

アッサムティーとかいってもよくわからないですが
なんだかオサレティーな香りがプンプンしたので注文してみました

マジでもう一回行きたい

いや〜
なかなか美味しかったです
がっつり食べたい時でなければ十分に満足できはずです

しかしながら、後日奥さんから聞いたのですが
シェディーオコークのシェフはまさかのアメリカの首都でもあるワシントンDCの日本大使館公使公邸にて料理長を務めていたという経歴をもっていました
こんな田舎の雪深い辺境の地「庄内」で
そんなシェフの料理にありつけるとは思いもしませんでした

旬の野菜を使用している料理なので
季節の変わった頃にまた行って来たいとおもいました

シェディオーク

野菜料理は国境を越える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする