意外と簡単 デスクトップPCのHDDを増設してみた

こんにちは
たなか床屋店長のYOSUKEです

デジカメやデジタル一眼レフで息子の写真などを撮り
ビデオで息子や結婚式などを撮ってきて
結構なデータ量となってしまった私のデスクトップPC

もともと600GBあったのをパーテーションして
データ置き場として250GBとっておいたのですが
気がつけば残りの容量が20GBとか

それにともなってなのかわかりませんが
最近PCの挙動がおかしかったりします

とにかくHDDの容量が少なくなってきたので
かねてから思っていた「HDDの増設」に踏み切りました

外付けHDDだとつなぐだけで簡単なのですが
安くて速度の速い内蔵HDDを取り付けてみました

その工程を紹介します
完全に私個人の備忘録となりますがお付き合い下さい

HDDを買う

Westem DigitalってところのHDDを購入

HDD増設

HDDの価格が恐ろしいほどに安くなっていることもあり2TBをAmazonで購入

こんだけ容量あればビデオも写真も今まで以上に取り放題です

デスクトップPCを引っ張り出してくる

HDD増設

PC部屋が狭いので後ろのUSBやディスプレイアダプタなどの取り外しが大変
しかも8つあるのUSBポートすべてを使用しているので
外し終わると腰が痛くなります

サイドパネルを取り外す

禁断の扉OPEN

HDD増設

いつ見てもなにがなんだかわけわからなくなりそう
すぐ締めたくなりますけどココは負けずに作業にとりかかります

その前に
今後のための図解
サイドパネルを開けた3

ドライバ、HDDともに4台ずつ搭載できます

HDD増設

もう3台の空きがあります
今回は一番上の段に設置

全面パネルを開ける

HDD増設

ココを開けるのは初めてかもしれません
HDDの冷却ファンのフィルターが埃だらけ
定期的に掃除しないといけませんね

フィルターとファンを外します

HDD増設

HDDを取り付ける

HDDのマウントを取り出します

HDD増設

でマウントにHDDを取り付け

ネジとかはPC購入時に同封されていたのがありました

HDD増設

シリコンマウントがあり静音性、制振動性があるようです
これをケースに差し込みます

HDD増設

このPCケース
HDDのマウント方式が他にハンモックのように
宙ぶらりんにしてやる方法が選べるようです

ソッチの方が静音性が高いのかな?

ケーブル接続

HDDを差し込んだらファンとフィルターをもとに戻して
ケーブルの取り付けにはいります

HDD増設

まずは元々のHDDに供給していた電源ケーブルの余りを増設したHDDに接続

HDD増設_ケーブル1

次にシリアルATA2ケーブルを接続

HDD増設_ケーブル2

どこにどのケーブルを挿し込むかは元々のHDDを見ながらやります
シリアルATA2とか難しい言葉はあまり気にしない方向で
とにかく元々のHDDについてたのと同じようなケーブルを同じようなところに挿せばOK

ケーブルの反対はマザーボードへ
差込口はグラフィックボードの下にありました

これで設置は終わり
あとはサイドパネルをかぶせ元の場所に戻し
後ろのディスプレイケーブル、USBケーブル、電源ケーブルを
腰を痛めながらもとに戻してPCを立ち上げます

ボリューム作成

PC上で今回増設したHDDをフォーマットして
使えるようにします

コレの手順は
【ボリューム作成編】 ハードディスクをフォーマットして使える状態にするを見ながら

ボリューム名はテラバイトHDDなので「T」にしてみた

以上でHDDの全増設作業は終わりです
これでもう容量を気にせずに
写真撮りまくりビデオ撮りまくりできます

PCのカスタムなかなか面白いです
ゆくゆくはドライブをDVDからブルーレイに変えて
OS用にHDDからSSDへ
さらにはUSB3.0のインターフェースカードを追加
などなどと夢をいだいていますがそれらは果たしていつになることやら

参考サイト

【ハード接続編 その1】 ハードディスクの増設に必要なモノを用意する | DELLデスクトップパソコンにハードディスクを増設する方法

大体の流れが参考になります

意外と簡単に出来るので
このHDDが安い時代です
外付けよりも内蔵にして自分のPCへの愛着を更に高めてみるのもいいのでは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする